対談

Home > 採用情報トップ > 対談

「部品販売」という誇り。

「部品販売」って何をするの?どんな部署・仕事があるの?
車の専門知識がなくてもやっていける?など、社歴10年以上の先輩が、あなたの疑問を解決します。
3人の会話から見えてくる、シゴトの現場を感じてみてください。

きっかけは、「車好き」。

  • 高橋 女性だけど車に興味があり、また地元に密着した企業に就職したいと思ってこの会社を選びました。お二人はどんな動機で?
  • 田中 私も自動車に興味があり、物流部のキャリア採用募集を見て、体を動かす仕事がしたいと思って入社しました。
  • 僕の場合は、もともとトヨタの車が好きで、さらに部品にも興味があったので。入社後最初の6年間は、物流スタッフとして入庫作業から商品の品質管理までを担当していました。
  • 田中 私も最初は物流部商品管理室に在籍、その後営業所店頭グループでの部品注文や問い合わせ対応などを経験した後、現在の物流部改善室に配属となりました。
  • 高橋 入社時は仕入供給室配属となり、部品の納期管理や請求データ処理また、海外からお客様が訪問された際には会社を案内しました。その後配属された販売店部は最も在籍期間が長く、販売店様からの電話問合せ対応、商品発売や価格改定案内、支払処理業務、各施策の申請など様々な内容を経験。現在は、イベント支援活動をメインに、エンドユーザー様の取り込み支援と、女性のお客様向けにフリー冊子の作成を行っています。
  • 僕は途中で志願して営業スタッフになったので、結果を出せるように頑張りました。しかし、現実の市場は競合が多く、商品的価値や価格競合などすごくシビアで、さらにお客様の考えも多様なため、応酬話法や接客方法、商品知識などを学んだ時が実に大変でしたね。また、部品の注文をいただき分解図から品番翻訳して納品したのですが、結果的に部品が違っていてお客様の納期に間に合わなかった、なんていう失敗もありました。
  • 田中 失敗は誰にでもありますよね。私も、注文と違う商品を発注してしまったり、出庫してしまい、お客様に迷惑をかけたことがあります。そんな時は即「ほうれんそう」。上司や先輩に、報告・連絡・相談することは、我が社で徹底していることですよね。
  • 高橋 私もそうでしたが、一人で抱え込まず、すぐに報告できる先輩の存在がありがたかったですね。今は、自分もそういう雰囲気作りを意識しています。

「現場」が、自分を育ててくれる。

  • 田中 物流作業では「作業手順書」を元に先輩が丁寧に指導してくれますが、店頭業務では最初は電話を取るのが怖かった(笑)。でも、お客様との話の中でわからないことは、お客様からアドバイスをもらったり、上司や先輩に相談したりして、実践の中で身に付けてきましたね。
  • とにかく、現場に出る! これに尽きますよね。現場に出て、メカニックの人たちの前で一生懸命やることが大事。一生懸命やっていれば、お客様が助けてくれるんです。現場でなければ勉強できない。現場には教えてくれる人がいる。会社に戻れば、部署をまたいでフォローしてくれる。新人が成長する環境は整っていると思います。
  • 高橋 現在私は「もっといいお店づくり」の一環としてイベント支援を行っています。部署内で唯一の女性として女性客を取り込めるイベント企画、また女性のお客様にクルマや弊社商品に興味をもっていただくためのフリー冊子を作成。そんな中、販売店の現場で接するお客様からありがたいお言葉をいただいたり、新たな企画につながる情報やアイディアのきっかけを得ることなどもあります。
  • 現場では大変なことも多いけれど、お客様に商品の販売提案しイベント企画後、生の声で高評価をいただいた時はそれがやりがいになるし、自分の成長にもつながりますよね。

ついつい…これって職業癖?

  • 高橋 女性をターゲットにした冊子作成やイベント展示の立案をしているので、街中に行った時もショーウインドーの展示方法が気になってしまいます。他にも、アロマなどの女性向きの商品を見たり、フリー雑誌を目にすると構成やデザインが気になったり。「他と違うもの」を作りたいので、真似はしないで、良い点を参考にしています。お二人にも「ついつい」ってことがあるのでは?
  • 田中 良い店は、手をかけて店作りしているのがわかりますよね。私も、すごく気になるようになりました。
  • 店作りをみると、この会社良い会社だな、てわかりますよね。今度また行ってみたいな、と思ってしまう。そして、ターゲット層をどこに絞っているか、ということを考えたりして(笑)。トヨタというブランドはあるけれど、市場にはいろんな部品が溢れている。
    でも、トヨタの車に乗っているお客様にとっては、トヨタの部品の品質が最高であり、それをつけることによって安心して乗っていただける。それを販売するのが、僕の仕事。

    トヨタの部品でないものを使ったときに、もし故障したら、トヨタ車全体のイメージが悪くなってしまうんですよね。僕たちが頑張ることで、結果的にお客様に喜んでいただける。
    そんなことを日々考えているわけです。
  • 田中 私も同じ。物流作業においては、安全作業の確保がまず大事。また、物流担当として、お客様のところに「必要な時に、必要なものを、必要な量だけ届ける」というのはとても重要なこと。なので、営業スタッフが信用を失わないよう、正確さ、精度には気を配っています。

自分で考えたことをカタチにできる会社。

  • トヨタ車は、国内シェアNo.1だし、世界的にもトップクラス。そして、トヨタの部品は、トヨタ モビリティパーツ(株)でしか扱っていないわけです。だからこそ、「世界のトヨタ」のカーライフをサポートする立場として、車のトラブルがないように、トヨタの部品の利用促進を図らなければならないと思っています。トヨタの部品はクレームがほとんどない。何百万という部品がある中で、クレームが少ないですよね。
  • 田中 はい、クレームは聞かないですよね。本当に品質が高いんです。また、車の進化は目まぐるしいので、部品の供給体系も常に構築してなければならない。新しい車が出れば、新しい部品も入ってくる。その部品はどのように保管して、どのように出していく…といったことを常に改善していかないと出遅れてしまうんです。ですから、改善は常に繰り返し。安全な作業のための仕組みを考え、その仕組みで改善ができた時、次につながっていくわけです。
  • 日々やることはある。「常に改善意識を持つ」「創意工夫」というのが社風ですからね。3年、5年、10年、20年…先を見据えた会社の方針に、一緒に取り組むことにやりがいを感じます。また、お客様と接しながら、単に部品を供給するのではなく、企画を提案・実施してお客さんにご満足いただき、車屋さんの売り上げが増える!といったWIN-WINの関係が築けたときは最高に嬉しいですね。
  • 高橋 私もお客様に「ありがとう」と言っていただけたとき、一番やりがいを感じます。また、エンドユーザー様から声をかけられたり、私を指名して電話をくださったりしたとき、もっと充実させなきゃ!と気合が入ります。また、販売店様の女性スタッフとの情報交換を通して視野も広がり、喜びを感じながら働くことができています。
  • トヨタ モビリティパーツ(株)静岡支社は、創意工夫を各部署で行う会社。その結果、効率も上がり、売り上げも上がり、経費削減ができ、お客様の利益も創出…そんな、いろんなアイデアが生まれ、自分の力を発揮できる環境だと思います。
  • 田中 後輩となる皆さんにも、「自分が何をしたい」「どういう考えを持っている」といったことを明確にし、前向きな姿勢で頑張って欲しいですね。
  • 高橋 女性でも仕事を楽しめる会社です。車って、やっぱり楽しい。人々の喜びに携われる仕事だと思います。
  • 常に個人のスキルアップをしてくれる会社です。自分で目標を設定し、一年の成果を自分で評価するので、その過程で、人としても成長できるんです。いま車業界でもシェアが高いトヨタブランドですから、入社後も充実しているし、ますます車が好きになると思います。
  • 田中スタッフ 1998年入社

    所属:物流部改善室
    担当:倉庫内の改善業務
    信条:日々進化する部品を安定供給するために、常に問題意識をもって改善活動に取り組むこと。

  • 森スタッフ 1998年入社

    所属:浜松北営業所
    担当:外販営業
    信条:外販先に当社の魅力と商品価値を伝え、結果的にエンドユーザーにも満足していただくこと。

  • 高橋スタッフ 2004年入社

    所属:営業物流改善部イベント支援G
    担当:販売店のイベント支援
    信条:社内外ともにコミュニケーションを円滑にし、前後工程を視野に入れた考え方を持つこと。